一般社団法人スマートプロセス学会

Smart Processing Society for Materials, Environment & Energy








  >>>>会長挨拶<<<<

田中会長写真
 日頃はスマートプロセス学会の活動に対して、会員皆様のご高配・ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

 本会は1975年に発足しました高温学会(社団法人認定は1977年2月)を原点に、2012年に現在の名称に改組・改称され、本年で45年を迎えます。

 スマートプロセス学会の目的は、定款に謳われておりますとおり、「高温から低温ならびに重厚長大から軽薄短小に至る広範囲の製造および接合などにおける先進的および環境・エネルギーに配慮した革新的ものづくりプロセスに関わる学術・技術の普及と進歩発展に寄与すること」にあります。非常に幅広い科学技術分野をカバーすることになりますが、多様な人材と知の交差は科学技術の新機軸を生み出すために極めて効果的です。本会の強みは、幅広い科学技術分野をカバーしているがゆえ、異分野融合的な研究・開発を探求するとともに、そのために必要な人材を育成する土壌が自然と育まれているところにあります。ものづくりプロセスに関わる学問と異分野技術の交差、そして、それらの情報交換の場を提供し、もって未来に輝く豊かで安全なスマート社会に資することが本会の夢であります。

 本会の掲げる目的、そして夢は、科学技術の新機軸の創出を期待されている現代の潮流に乗っているものと確信しています。しかしながら、益々の発展と展開をはかるには継続的で弛まぬ改革の精神と努力が必要であります。会員の皆様には、本会の更なる発展のために、より一層のご支援とご高配を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

  ポストコロナ時代を見据えて
                                                          田中 学

 2020年は、新型コロナウィルス感染症COVID-19のパンデミックにより、スマートプロセス学分野の科学技術に関わる我々にとっても、国際的な交流を分断され、流通の停滞、経済の低迷に苦しみ、耐え忍ぶ日々を経験した1 年であった。学会活動においても、世界中で様々な会議、企画が中止や延期になった。そのような中、人と人をつなぐ交流のネットワークは絶やさない、との我々の強い思いが、オンライン会議という形になって表れた。もちろん、オンライン会議は新しいものではないが、その機能性と機動性と有効性について十分に認知されていなかったものと思う。去る11 月27 日に開催した本会の2020年度学術講演会もオンライン会議の形で実行され、多くの参加者が集い、人と人をつなぐ交流の場としてキラリと光る一定の良い成果を見せた。オンライン会議は、出張不要となりその時間とコストが抑えられるため、より幅広い層の人々の参加が可能になるなど、物理的な対面式にはないメリットも数多くある。コロナ禍の厳しい環境の中でも、学術と技術の文化を紡ぎたいという我々の熱い思いが、新しいツールを見出し、形を変えて、人と人をつなぐ交流の息を吹き返させたものと感じている。

 話は変わるが、このオンライン会議は「オンライン○○」として新語・流行語大賞2020 のトップテン入りを果たしている。2020年を表す象徴的なことばの一つと言えるが、その他のトップテン入りした「ことば」をみてもCOVID-19のパンデミックの影響が色濃く出ている。その中で「鬼滅の刃」は、コロナ禍に負けることなく、そのコミックと映画が大ブームとなり、映画の興行収入は我が国の歴代1 位になろうとしている。本作は、日常の厳しい鍛錬によって修得した技を敵との闘いの中で繰り出し、そして敵を倒すという少年漫画らしさを基盤としながら、悪い鬼を退治するというストーリーである。ブームの背景には、人類の努力によって悪いコロナウィルスを終息させたい、という世相を反映しているのかも知れないが、それ以上に感じるのは、絆の大切さである。日頃の鍛錬や強敵との闘いの中で主人公達を支えるのが、自分たちが今までに深く関わった人々であり、その記憶である。他方、退治される鬼達も、闘いに敗れ消えゆく中で、かつて自分が大切にしていた人々に寄り添われて最後の瞬間に人間に戻る。そこに人が鬼と化してしまった社会の歪みがあぶり出される。非常事態宣言やロックダウンをはじめ、未曾有のコロナ禍の影響によって、あたりまえの日常があたりまえでなくなった。現代に至って薄くなりつつある人と人の絆の大切さを、今回のパンデミックがあらためて人類に気付かせてくれたのかも知れない。

 人類の未来にとって、新しいコロナウィルスの出現は脅威であることは間違いない。その要因の一つは、人類未踏の地域を開発することによって現れる未知のウィルスを、我々の生活圏に運び入れることによる。開発という社会の行いが人類の存続に関わる危機を生むことになる。しかし、その危機を乗り越える力は、人と人の絆であり、学術と技術の文化の紡ぎである。そういう観点では、令和の時代とコロナ禍の時代が噛み合った結果が「鬼滅の刃」の大ブームに繋がったとも言えよう。 本会は、多分野に亘る数多くの会員を擁し、異分野融合を得意とする。新型コロナウィルスによるパンデミックとの闘いは、まさに人類の叡智を結集する闘いでもある。学会は、人と人をつなぎ、学術と技術を紡ぐ大きな役割を担っている。ポストコロナ時代を迎え、平和で活力ある人類社会を築くために、スマートプロセス学会の役割は大きい。本会の一会員として、美しい未来を夢見てより一層努力したいと思う。

                                      (2021年学会誌1月号掲載「學海」)


一般社団法人 スマートプロセス学会事務局
〒567-0047 茨木市美穂ヶ丘11番1号 大阪大学接合科学研究所内
TEL:06-6879-8698(直通) FAX:06-6878-3110

Copyright © Smart Processing Society for Materials, Environment & Energy, all rights reserved.