講演論文投稿

※論文投稿には、IDとパスワードが必要です。事前に「論文申込み手続き」を完了の上、ご投稿ください。

シンポジウムMate2019への講演論文のご応募、誠にありがとうございます。
論文原稿は、下記 論文執筆要項に従い執筆の上、「論文投稿」フォームより電子ファイル(PDF)にてご提出ください。

論文投稿締切日:平成30年11月9日(金) ⇒11月16日(金)に延長されました(システムトラブルのため)。



※投稿前に、下記の執筆要項などをご一読下さい。
プログラム番号はこちらからご確認ください(論文ファイルのタイトルに必要です。投稿時のプログラム番号は事務局で登録いたします)。

投稿の流れ


論文執筆要項

論文執筆要項(pdf) (注:mate2019より改訂されています)
論文原稿テンプレート(docx) (注:mate2019より改訂されています)
査読に対する回答書(doc)

論文執筆の際には、ホームページ上から必ず論文原稿テンプレートをダウンロードして使用し、論文執筆要項(よくある間違い例を含む)に沿ってご執筆ください。投稿後の査読の際に指摘が多い間違い例も論文執筆要項に添付しておりますので、必ずご確認ください。査読時、論文執筆要項を十分に見ずに論文執筆され、投稿後の修正に多大な時間がかかっている方もおられます。まずは論文執筆要項を十分にご確認ください。

注: 投稿区分について
Mateでは、講演論文に区分(学術論文、研究開発論文)を設けております。
区分の定義は以下のとおりです。投稿の際、区分を選択して下さい。

学術論文:
 エレクトロニクスにおけるマイクロ接合・実装技術に関する研究で、独創的かつ新規性のある内容を含むものとする。また、緒言、方法、結果、考察、結論等の内容で構成され、論文としての体裁を整えたものとする。結論には本研究によって得られた新規事項をまとめて記述する。

研究開発論文:
 エレクトロニクスにおけるマイクロ接合・実装技術に関する研究・開発過程で得られた新しい知見あるいは価値あるデータなどを含むものとする。また、緒言、方法、結果、考察、結論等の内容で構成され、論文としての体裁を整えたものとする。結論には本開発によって得られた成果をまとめて記述する。

いずれも結論は、研究目的や開発意義と齟齬のない記述とする。


発表方法

  発表時間:18分(発表:12分、質疑応答:6分)
  使用機器:液晶プロジェクター
————————————————————————-
《重要》 当日のご発表は,PCプロジェクタをご使用いただけるよう準備しておりますが,PCは各自ご持参下さいますよう御願い申し上げます。
また,特殊なPCの場合に必要となるコネクタなども各自ご用意いただけますよう重ねて御願い申し上げます。

————————————————————————-

投稿時の注意

  1. 投稿区分(学術論文、研究開発論文のいずれか)を選択して下さい。
  2. 投稿用のPDFファイルは、フォント埋め込みのため、できれば「プレス品質」にて作成下さい。(印刷⇒Adobe PDF⇒プロパティ⇒PDF設定⇒「プレス品質」を選択⇒OK)
  3. 投稿用のPDFファイル名は「mate2019-プログラム番号name.pdf」とし、あらかじめデスクトップにご用意下さい。ファイル名には半角英数字を使用し、スペースは入れないようお願いします。(例: mate2019-5suzuki.pdf)
     *プログラム番号は、申込み時の受付番号とは異なります。当ページ掲載の2nd Circular(プログラム)にて各自ご確認をお願いします。
  4. 査読完了後、査読結果をお送りいたします。修正が必要な方は速やかに修正をお願いいたします。最終原稿の提出につきましては、別途ご連絡いたします。

今後のスケジュール

平成30年 11月中 2nd Circular(Mate2019プログラム)送付
     11月9日(金) 論文投稿締切り
     11月9日~   査読
     11月末~正式受理通知、または修正依頼
     12月7日(金) 修正原稿の最終締切り
平成31年 1月29日-30日(火、水)シンポジウム Mate2019

★参加登録について

講演発表者も、別途参加登録が必要です。 11月中に送付予定の2nd Circularに沿って、当ホームページより参加登録を行って下さい。


著作権について

本シンポジウム論文集に掲載されるすべての記事の著作権及び電子的形態による利用も含めた包括的な著作権は原則として本会(スマートプロセス学会)に帰属する.ただし,著者(「著作権規定」上の著作者)自身が自著の記事を複製,翻訳,翻案等の形で利用することは差し支えない.しかし,記事あるいはその翻訳の全部あるいは大部分を他の著作物に利用する場合には,その旨をMate事務局に申し出るとともに,出典を明記することとする.また,一部分を利用する場合にも,文献あるいは図説の下に出典を明記する.


問い合わせ先

《論文に関する問い合わせ》
大阪大学 接合科学研究所
西川 宏 tel.06-6879-8691
E-mail:nisikawajwri.osaka-u.ac.jp

《論文受付問い合わせ》
Mate2019事務局
tel.06-6878-5628 Fax.06-6879-7568
E-mail:matesps-mste.jp

ページのトップへ戻る